1. 不妊の悩みにクロミッド!通販で買えるおすすめ治療薬   >  
  2. クロミッドの効果と飲み方

クロミッドの効果と飲み方

錠剤を飲もうとしている女性の横顔

不妊症の原因の1つである「無排卵性月経症」の治療には、クロミッドというホルモン剤がよく用いられます。クロミッドの効果を知るためにはまず月経(生理)と妊娠の仕組みを理解することが大切です。

月経には女性ホルモンが深く関係しています。排卵が起こる前には、卵胞と呼ばれる卵子の元になる細胞が育たなければいけません。この過程でも女性ホルモンの分泌が欠かせないのですが、無排卵性周期症の女性はこのときに女性ホルモンの分泌量が不足している可能性があります。

もし卵胞が育たず排卵が起こらなければ当然妊娠することはありません。無排卵性周期症を含む排卵障害は不妊の原因として最も多いのです。

クロミッドは女性ホルモンを含む薬で、服用することで不足している女性ホルモンを補うことができます。その作用によって排卵を促し、妊娠するために必要な条件を整える効果が得られるのです。

クロミッドの飲み方は、基本的に生理が始まってから5日目に服用を開始します。50mgのクロミッド1錠を1日1回、5日間服用することが正しい飲み方です。
5日間の服用終了後およそ2週間程度で排卵が起こります。妊娠を希望している場合は排卵のタイミングを狙うといいでしょう。

もしクロミッドを飲み始めてから3ヶ月以上妊娠の傾向が見られない場合、女性ホルモンの量がまだ不足している可能性があります。その際には服用する量を1錠から2錠に増やすことも可能です。ただしホルモンバランスに影響する薬なので副作用が強くなる可能性もあります。異変を感じたらすぐに服用をやめ、病院を受診するようにしましょう。

クロミッドは病院だけではなく通販でも購入できる薬です。自力で不妊症の改善を目指しているという方は通販にも注目してみるといいですよ。